fester.jp




ブログ引っ越し完了

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 12月 10th, 2013

tumblrから引っ越しを完了し、WPにて自社サーバーに統一しました。

さて気がつけばもう師走。今風邪を引いて少しゆっくりしているので今のうちに今年を振り返ってみると・・・

今年の一番の衝撃はかなりの規模のサイト全リニューアル案件が立ち消えてしまった事。進行が遅いので時々突いてはいたんですが、その内に全く別ルートでクライアント様がある事件に巻き込まれたとの事で連絡は無いものの物理的にプロジェクトは進行不可能な状態に。「あぁ、それじゃぁ連絡も来ない訳ネ。」なんて呑気に言ってたら伝えてくれた人が「知らなかったの〜?」と時事に疎い私にあきれ顔。

そういえば別件でNDA契約を交わしていざ受注というその週に契約相手の会社が消滅してしまったというもの凄いタイミングでの失注も今年の出来事でした。

思えば数年前も、こちらは先行して制作は完了し、リリース直前にその会社に事件が起こって失注とか(これも同一週内でした。この会社様は相当大きいですが弊社に対してフォローが何も無かった事はさすがにいかがなものかと。。。)、クライアント会社様の倒産とか、社長さまの訴訟等が理由による失注も何度か。

一説にはfesterのいるところに事件は起こる。festerは死神か?などと囁かれているとかいないとか。

いえ。上記のケースは全てfesterには何ら瑕疵は無く、アクシデント自体には一切関わりはございません。本当に。ただ、この数年の失注を金額換算すると・・・もう少し楽ができたかもなぁと夢想しなくもないところ。

とりあえず死神の称号は可及的速やかに払拭すべく来年に臨みます。

以上、秘密保護法ばやりの昨今、秘密保持の観点から最大限の注意を払った表現に努めましたがいかがだったでしょうか?

Ben Bruce Blakeney

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 8月 14th, 2013

明日の終戦記念日に向けて。英文の方のウィキペディアで本文を探したけど全然HITしなかったので、日本語の方の訳文をコピーしておきます。

ブレイクニーはアメリカ人の弁護士です。以下が東京裁判での発言。(ウィキペディアより)アメリカではほとんど知られてないっぽい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦争は犯罪ではない。戦争法規があることが戦争の合法性を示す証拠である。戦争の開始、通告、戦闘の方法、終結を決める法規も戦争自体が非合法なら全く無意味である。国際法は、国家利益追及の為に行う戦争をこれまでに非合法と見做したことはない

歴史を振り返ってみても、戦争の計画、遂行が法廷において犯罪として裁かれた例はない。我々は、この裁判で新しい法律を打ち立てようとする検察側の抱負を承知している。しかし、そういう試みこそが新しくより高い法の実現を妨げるのではないか。平和に対する罪と名付けられた訴因は、故に当法廷より却下されねばならない

国家の行為である戦争の個人責任を問うことは、法律的に誤りである。何故ならば、国際法は国家に対して適用されるものであって、個人に対してではない。個人に依る戦争行為という新しい犯罪をこの法廷で裁くのは誤りである。戦争での殺人は罪にならない。それは殺人罪ではない。戦争が合法的だからである。つまり合法的人殺しである殺人行為の正当化である。たとえ嫌悪すべき行為でも、犯罪としてその責任は問われなかった。

(以下の発言が始まると、チャーターで定められている筈の同時通訳が停止し、日本語の速記録にもこの部分のみ「以下、通訳なし」としか記載されなかった)

キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々は、広島に原爆を投下した者の名を挙げることができる。投下を計画した参謀長の名も承知している。その国の元首の名前も承知している。彼らは、殺人罪を意識していたか?してはいまい。我々もそう思う。それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。何の罪科でいかなる証拠で戦争による殺人が違法なのか。原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、これを黙認したものがいる。その者達が裁いているのだ。彼らも殺人者ではないか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原爆投下についてはルーズベルトの後任のトルーマンの勇み足で、マッカーサーは反対してたというのが定説ですね。

鬼瓦

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 8月 13th, 2013

鬼瓦

高校でたぐらいかな?インテリアデザインに興味があって、建築にまで興味が広がって、神社仏閣庭園とかの構造とかにまで手を出してて。なんとなくお気に入りだったのが鬼瓦。同級生と京都まで見学旅行に行って寺に泊まって(たしか妙心寺)いろんな所に見学にいっては鬼瓦の写真を撮ってた。なかなか個性的で面白いんですよ。鬼瓦はなんか、好き勝手に作ってる感じもあってそれがまた自由でいいなと。当時は思った者でした。マニアック。

ローカル

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 7月 31st, 2013

まだ内定段階ですが、弊社で地域の組合のサイトを手がける事に。んで、サイト設計しながら色々考えた結果、これは出来上がったら他の地域にも展開できるかなと。

弊社としてはやっぱりもう「この路線」ってのが決まりつつあって。まぁ地道にいくことを大事にって事ですね。というか地域振興は大事だと思うんですよね。

やっぱりきっかけは震災だったと思います。当時色々悩んだ結果、経済復興まわりの手伝いとか遠回りだけど東京からの経済支援とか、そういう方向を選んでいろいろ動いて。結局たいした成果もあげていないけどやっぱりそういう方向性はよかったと思いますよ。本当に。

たぶん我々が生きているうちには復興が終わるかどうか微妙でしょうし。

諸々。

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 7月 23rd, 2013

まずは残念なことに山本太郎氏の公選法違反による当選取り消しは難しい状況のようです。こうなったらリコール運動でも起きるぐらいじゃないと東京都民の汚名は晴れないでしょうね。状況を冷静に把握する事なく、詐欺師(メディアを含む)のホラ話を真に受けて情緒たっぷりに反原発運動を支持している方々に対してはもうかける言葉もありません。

打って変わって宮崎アニメの新作ですが、なにやら主人公のCVにド素人(著名な監督さんだそうですが)を起用して評判が相当厳しいようですね。・・・もともと映画はほとんどみないんだった!・・・しかもアニメとかはさらにみないんだった!

あぁ。随分前の話をふと。私は福島出身の友人が多くいていろいろ話を聞くんですが、簡単に言うと明治維新の折、会津は薩長にがっつり虐められた訳でして。それこそ肉親を失った方も多くいる訳です。なので今でも福島の年配の方々は薩摩・長州をよく思っていない人が少なく無い訳です。にわかには信じられませんでしたが、これが現実です。

で、2年前の大震災ですが、あの危機的な状況に中にあってなお「全国の皆様の助けはとても有り難く思うけれども、薩摩長州の施しだけは正直受けたく無い。」と考えている年配者が福島県の中だけでも相当数いるということ、そしてそれは無理もない事であるということを「想像」できる東京都民が一体どれだけいるのか?と。私は言いたかったりする訳だ!・・・訳です。

最後に。もう何年夏休みを取っていないだろう。今年こそ夏休みを取る!そして最悪近くでもいいから旅行をする!

おやすみなさい。

さて、昨日参議院選が

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 7月 22nd, 2013

終わった訳ですが。

情報通り山本太郎氏が当選しましたね。60万票オーバーだそうで。氏に投票するような人とはちょっと人として関わる事は出来ないかな?なんて思ってたんですが、そんなに多いとは予想外で幻滅中です。

まぁ、ご存知の通り、氏は公職選挙法を破りまくっているので、当選取り消しの可能性があります。勿論どうなるかはわかりませんが、警察、公安、民主党とかに、取り消しに向けて頑張って欲しいと思います。東北復興と経済回復の為に。

とはいえ、60万票異常獲得したことは事実な訳で。私としてもイチタレント候補をここまで警戒するのははじめてだったんですが、以下の記事に私の考えがそのまんま書いてあります。

http://agora-web.jp/archives/1549142.html

この記事にあるようにこの結果は「日本社会の敗北」です。私は山本氏の得票数がすなわち東京都民の恥の数だと思ってた訳です。そういう意味において非常に残念です。

(ここまで書いといてなんですが。この記事にも同様の事が書いてありますが、山本氏自身を個人的に嫌悪したりとか、そういう意味では決して無いんですよ。)

というわけで、神奈川の初当選さんもちょっと勇み足で違反しちゃいましたけど、それぐらいは見逃してあげるからその分、山本太郎氏の当選取り消しを強く期待します。

選挙ネタが

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 7月 16th, 2013

気がつけば多い、というかもうすぐなので当たり前だとも思いますが。

昔から私が主張・・・というのもおこがましいか。私が持つ意見は大抵マイノリティーで、選挙ではいつも逆の結果が出る、苦い思い出が多い訳です。

まずは小泉自民党。自民党自体はいいけど小泉氏の総理総裁は着任以来、というか着任以前からずっと反対していました。おかしくなるから早く替わってくれと。でも大変な長期政権。で、結果と言えば・・・。

そのあと「とりあえず一回民主党」これにも大反対してて、でもあの時吹いてた風には見事に私の意見はかき消されました。そしてその民主党政権は振り返ってみてみれば・・・。

で、今回の参議院選挙。対局的なことは今回はおいといて、山本太郎候補の当選だけは絶対にあってはならないという意見です。ってことは法則としては当選しちゃったりして・・・なんて思ってたら、当落ラインで善戦中だとか。。。

受かっちゃうかもしれないらしいですね。

まぁ私のジンクスなんてどうでもいいですが、もし当選したら多くの血税が無駄になり、あらゆる政治問題、東北復興、原発問題などにブレーキがかかることでしょう。

なんて偉そうに予言、というか私自身が逃げられないように、結果の出てない今のうちにココに記録しておこうかと思いまして。

ネガとポジ

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 7月 11th, 2013

についてちょと考えてみたのでメモ。

小さい頃からひとつの事に熱中して大人になってからその道のプロになる。例えば野球なんかでいうと小さな頃から本当に野球が大好きで練習に打ち込んで、本当にプロになるってのは、これはもうポジティブだと思うんですよ。イチロー選手みたいに。っつってもイチロー選手の本当のトコロは勿論知るわけもなく、イメージだけで言ってますが。

んで私の小さい頃を思い出してみると、もうとにかく病弱で、ひねくれまくっていた訳でして。で、そのせいだと自分では思っているんですが、幼稚園の頃ぐらいからお絵描きや物作りの時間に異様な執念を燃やすようになって。粘土いじりなんてもう羅刹のごとくでしたよ。幼稚園の先生に異常って言われて親が呼ばれましたよ。吐きながら絵筆握ってましたし。

ただ、これは思い返せば大好きで大好きで、っていう訳でも実は無くて。日常生活での不満とか、食事の事とか、いろいろな不自由や不得意で、しがみつくものがこれくらいしか無かった。そんな心境だった訳です。これはもうネガティブですよね。感動的なほどネガティブ。

で、まぁおかげさまでずっとモノを作るのが好きなまま大人になる事が出来て、現在に活かされている訳なので結果オーライなわけです。

たぶんネガティブな方はたとえ将来仕事でいかせても、いろんな副作用がありそうです。体とか、人間関係とか(笑)。でもポジティブな方だって、例えばイチロー選手とかに聞いたら他人にはわからない副作用が案外あるかもしれない。

そう考えると、どっちがどっちって言えないかなぁ?なんて考えてみた今日の昼下がりでした。

Twitterのまとめを

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 7月 9th, 2013

みまして。かわんごさんという方ともうひとりのなんとかさんって方の会話で、お題は解雇規制の緩和とか雇用問題全般について。

んで一通り読んでみて、私はかわんごさんの考えにかなり近いです。特にウォルマートみたいなデカイ形態は社会的にみて害悪とか、全くその通りだと思っています。起業反対派ってのも賛同できます。

かたや会話相手の方とか横やり入れてた方は起業すればいいとか、クビになったっていいとか、失敗したらやりなおせばいいとか、誰かの世話になればいいとか、リスクをヘッジするチャレンジ精神がどうだとか。ちょっと首を傾げる意見が目立ちました。

どうしたらそういう考えに至るのかな?日々生活をしている市井の人々を全く観察することなく、想像すらできないとそうなるのかな?

あ、私はちなみに雇用する側なんですが、友人で起業するとか言う人がいたらとりあえず反対します。今までやって来た経緯で税金云々の都合で会社化するとか、賛成できるのはそういうケースぐらいかと思いますが。

先日転んだ事について

Category : BLOG, 日記 · No Comments · by 6月 20th, 2013

詳しく記録しておきます。

えー数日前ですか。飲み会がありまして。日本酒で2合くらい飲みました。まぁほろ酔いぐらいですね。ハタ目には酔ってるようには見えないレベルです。

帰りは友人と、えーN氏としておきましょう。N氏と一緒に駅に向かいました。

改札に近づいた時にN氏が「電車が来てる!」といって軽く走り出しました。改札を抜けるとすぐ目の前にホームがあるタイプの駅でした。

私も軽く走りながらポケットのSuicaを出そうとしたんですが、その時は他の物も入れていていつものようにスパッと出てこない。

N氏に5メートルほど遅れを取ってしまい、改札を抜けてからダッシュしました。するとすぐに目の前に下りの階段を発見。5〜6段ぐらいです。

N氏はもう階段を下りていました。とっさに私は一気にジャンプする決断をしてぴょ〜んと。

で、着地に失敗したんですね。まぁ軽くお酒が入っていた事と、ちょっとスリッピーだったような気もします。足を滑らせて派手にズダーン!と。

転んで滑り込んだ結果、ドアの目の前で電車に乗り込む一歩手前のN氏に追いつきました。

私は2重ドアのホーム側のすぐ横の遮蔽壁に滑り込んで頭をぶつけました。あの扉は転落防止なので中身は空洞なんでしょうね。薄い鉄板なので全く痛くありませんでした。首を強くひねりましたが。

ぶつけた瞬間に顔はドア側を向いていたのでN氏と目が合った気がします。ビックリしたN氏の顔を覚えています。

すぐに立ち上がり一緒に電車に乗り込みました。ぶつけた頭は無傷でしたが、思いっきり首をひねったので首筋がとても痛かったです。N氏は大笑い。私も恥ずかしいのもあり、少し大きな声で「痛いよ〜、首が痛いよ〜」と、いって笑っていました。

翌日まで首が痛かったです。

大体において、大人になってから転ぶ事自体そんなにありません。あんな風にマンガみたいにズダーンと転ぶなんてもしかしたら中学生以来かもしれません。

ここの所おかしなことが続きます。なにかの前兆でしょうか。。。