fester.jp




adobe illustrator

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 3月 26th, 2013

webページ制作の仕事では先方からの素材がイラストレーターファイルであることが割と頻繁にあります。

イラストレーターって言うソフトは優れものでいろんな事がさくさくできるわけなんですが、それ故にきっちり作ってあるか、雑に作ってあるかが原稿をよく見ると明々白々なのです。部分的に切り出して使ったりするので、雑な物だとこっちでやり直したりする必要が出て来ます。

どこの制作会社が作った物かはほぼ分からないものなんですが、まぁ・・・素材として回ってくる物は雑なのが多いですね。。。本当に。

激務なのかな?昔はそうだったけど。今は景気も悪いしそんなに急ピッチでやる事も無いんだろうし。性格的な事もあるかな?私だったら気になってしょうがないからそんな仕上げは出来ないんだけど。

雑なファイルを元に画像を作る作業は時間がかかるし、なによりストレスが募ります。イラレ屋さんお願いです、使い回すファイルは丁寧に作ってください(笑)。あーもう!

色について

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 3月 22nd, 2013

グラフィックではMacによるDTPが主流になってからモニターで原稿を作るようになったけど、勿論モニターに現れる色がそのまま完成の色じゃない。なので色校が必要なわけで。

webに場が移った時に、色についてこのグラフィックの感覚を悪い方に引きずってしまう人、つまり「webが完成品だから今見ているモニターで自分の思う色を完成させたい」と思って作業してしまう人がとても多かった。これが先方のADやらP、しかもグラフィック出身だったりすると、色の決定だけで無限地獄に堕ちちゃう。モニター個別で色味が違う。OSによっても変わる。ブラウザによっても設定によってもいちいち違う。人間の感覚はとても鋭くて特にそれを職業としている人にとってはもうクセのように気にし続ける。だからいつまでも終わらない。

最近そういう事が少なくなって来た反面、色味にこだわる人が少なくなって来たというのも事実かもしれない。特にマークアップとかプラグラミングとかに寄ってる人は大抵色味に無頓着な気がする。

簡単にメモしておくと紙と違ってwebは発光してるので結構暗くする。彩度も結構違う。紙なら白地に黄色文字もアリだけどwebでそれはほぼない。

なので色彩学的なセオリーも若干感覚が違う。バランスもズレる。どうズレるかってのは制作者は大体それを感覚的に捉えているから言葉にするのは難しいし、長くなるので割愛。やっぱり経験かな?

あと、あまり知られてないと思うのがwebといってもPCとモバイルでは結構違う。コレも簡単に言うとモバイルの方がPCサイトよりも相当明るくてまぶしい。あと、レイアウトも結構変わる。余白とかが全然違うから。

ということで元々は世にあるものは、大体その道のプロが結構突き詰めた色味やレイアウトのもので占めていた。でもwebでは本格的にそういう繊細な表現をスポイルする、画一的で排他的なインフラに一直線になっているのが最大の懸念でしょうかね。今の所の私の考えでは。

イメージで言うとちょっと辛辣だけど、今のwebシーンは昔日本で流行った和製ヒップホップの潮流に似てる気がする。

ところで私はMacでグラフィクデザイン、の時代には立体造形の方にいたので、PCはPCwebサイト制作がデビューです。

以上メモ用の書きなぐりにて。

保存版:伝説のエピソード(草稿)

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 3月 1st, 2013

デザイナーとして実際に体験したエピソードでございます。

Web編

「オレのPCなおせよ!」

「このページ本文仮だから反転させといて。」

「ちゃんとテキストに長体かけてよ!」

「ブラウザソフト?何それ?携帯のメールなら打てるよ。」

「素材は朝7:00に届きます。で、朝7:00までに出来ますか?」

紙編

「じゃぁよろしく。納期?昨日。」

「印刷機回ってる?オレなら止められるから!」

「アンタの身がどうなっても知らんぞ!脅しじゃないからな!」

「この人倒れちゃったんだけどこれからここで会議するから倉庫に移しといて。」

モバイル編

「じゃぁ明日までにデザイン案10案。無理?じゃぁ5案。ん〜3案でどうだ!」

「今からキャバクラ行くからその間にやっといてね!」

「あんたになんか二度と頼まないから!」→3日後「いや〜あのデザイン会社ひどいんですよ〜。で、お仕事の続きの話なんですけど。」

「カラ発注するから手伝ってもらっていいすか?」

Flapも人が増えて来たので

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 2月 15th, 2013

Flapも人が増えて来たので改めて一通りここにシタタメておこうかと。

広告・コンテンツ関連で働いていると、子供を産んだ女性が産休育休明けに同じポジションにつけない、同じペースで働けない場合がほとんどです。

それも当然でクライアント相手の場合曜日も時間も関係なく、しかもタスクの量もかなり多い。子育てしながらなんてとてもじゃないけど無理。

ちなみに私は段取り魔で、特にディレクションについては、ものすご〜く上手くやればものすご〜く時間短縮できるのに。と常々感じていました。

あとは当然ながら、出産前に結構バリバリやっていた人ほど、出産後もまた働きたい気持ちを持っている人が多いと。

一方、人間として子育てってものはとてつもなく大切な事な訳で。それはもう会社の存在なんかよりはるかに大切な事・・・なはずなんですが、企業体としてはそういう風には動けないですよね。

んで、当時は私はまだ会社化してませんでしたので、フリーの私ならできるじゃん。と軽く考えてFlapを作った訳ですね。制作としてはいつもディレクションのことで頭を悩ませていましたし、結局お互いのためになると。

ベンチャー的な発想は私は好みません。このように自然発生的というか、ニーズに合わせてサービスが練られていく流れが健全だと思っています。

おかげさまでFlapはとても評判がよく、取引先に挨拶に行くといつももの凄く褒められます。

よく言われるのが「Flapのみなさんはちゃんとしているので安心です。」

その後お互いに「まぁ、それが当たり前なんですけどね〜。」となる訳ですが、この業界では正直言ってその「ちゃんとしている」人が非常に少ない現実があります。酷いのになると次元が違います。約束を破る、嘘をつく。法に触れるレベルのものも多くあります。新しい業界なのではっきり言ってまるごとが非常に幼稚な現状ですね。

その、「ちゃんとしている」って辺りを大切にし続けているうちはFlapも順調かな?と思っています。

フェスターから離れて会社化する日も、もしかしたらあるかもしれません。

フリーランスの心得

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 1月 15th, 2013

殴り書き、メモ程度に書いてみようかな?

最近のフリーランス事情は(最近と言っても結構前から)私がやってた10数年前とは随分様子が違って来ているみたい。

今と昔がどう違うかは確かな事は言えないけど、普通にこうだろうと変わらず思う部分はある訳で。

その1:仕事を断らない

フリーランスに仕事を出す側になってずいぶん経つけど、断るフリーランスが結構多い。あっちの言い分はフリーだから物理的に無理。そりゃ当然です。無理な物は無理。しかし「断らない事と来た仕事は全部受けるということはイコールではない。」

私のフリー時代には受けられない仕事が来た場合はまず、受けられる条件を提示してみる。これでお互い妥協点を見つけられればOK。それがダメなら代わりのフリーを探すなり紹介をする。これらを必ず実行していました。

ところが最近のフリーは無理な時はあっさり断る。で、その後なんのフォローも無い。これじゃあんまりな訳ですよ。頼む側にしてみると。で、そういう人の中にはいざ自分がヒマになった時には「仕事くださいよ〜」みたいな感じで来る人もいる。

例えば何かに誘われて「あー無理。」で終わらせるのと、別の日なら、とか、また誘ってね。とかそういうやりとりがあるのとじゃ全然違う訳で。

これが学生とかの友人同士のノリの話なら構わないけど、仕事を通した関係での社会人同士の話なら、こんなんじゃ信頼関係は絶対成立しないので、やっぱりどう考えてもフリーランスであれば守るべきもの、通すべき筋道があると思います。

若きフリーランスのみなさまには「暖簾を出してる」のであれば最低限これぐらいは守って欲しいと、私は思います。

他にもいくつかあるけど、また気が向いたら続き書きます。

Web design

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 11月 1st, 2012

ホームページビルダー→DW→CMS

GIFアニメ→Flash→jQuery

table →CSS→レスポンシブ

いつもいつも、突き放される人たちがいる事がもう絶対条件みたいになっている。

webの世界では軽視しがちだけど、割と大切なものがいくつかあるんじゃないかと。

エディトリアルデザインとか、フォントの美しさとか(勿論webfontの事ではなく)、ロースペック優先主義とか、アンチコマーシャリズムとか、ひっくるめてアナログ感覚的なものとか・・・アナログ風に見える表現の事では無く。

少なくとも今のweb業界には芸術的なムーヴメントが起きる素養はないんじゃないかと。それが良いのか悪いのかは別として。

インテリアデザイナー

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 3月 30th, 2012

何を隠そう、私はその昔インテリアデザイナーを名乗っていました。

名乗っていたというのは、あまり大層なキャリアを持っていなかったですし、自分が一人前だと思える前にやめてしまっていたので。とはいえ、さすがに「自称」って程でもなく、きちんと仕事はしていました。

今日、インテリアデザイナー時代の仲間とじっくりと語り合いました。彼とはもう20年来の付き合いで、私と違ってその道一筋で頑張って来た男です。

今日は私の方から相談を持ちかけました。というのも実は私の父はインテリアデザイナーを擁する店舗デザイン・内装会社を長く営んでいまして。その父の会社の今後について、いろいろと教えてもらおうと思った訳です。

父はこの春引退し、会社を閉じました。そして私の頼みを聞いてくれて、名前だけは残しておいてくれています。

そして私と言えば、頼んだとはいえ何がしたいという訳でもなく、さりとて父が作った会社が無くなってしまうのはどうしても避けたいという思いがありまして。この辺は自分でもよくわからない感情であります。

徹夜自慢

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 3月 15th, 2012

最近おかげさまで忙しいです。

今日なんてうっかりTwitterでメンバーに返信したら弊社サイトのTOPに反映されてしまい慌てて削除。びっくりしました。・・・なんてただのミスの話はおいといて。

最近よく昔の事を思い出します。いや、これは私の個性かもしれませんが、実は私は人生の中でいつも昔の事を思い出しているみたいです。そういう性格みたいです。

で、忙しい本日に思い出した事は本気で忙しかったあの頃。都心にある事務所に机を置かせてもらい、しょっちゅう泊まり込んでいました。よく、徹夜した次の日の朝からダラダラしてて動き出すのは夕方ぐらいから、とかいうふざけた徹夜じゃなくて(笑)朝から次の日の朝、さらに夜までの36時間ぶっ通しの徹夜です。徹夜するほど忙しいので勿論食事とトイレ以外ほぼぶっ通し。そんなのもうやれって言われても出来ません。

最高記録は丸三日72時間ぶっ続けで起きてた事があります。これは本当は3日目の夜に仕事は終わりましたが、その後なんと朝まで飲みに行って結局約72時間ぶっ続けで起きてたという訳で。ちなみにそのときの仕事は百貨店さまのサイトでしたね。全ページ(数百ページだったと思います)を2週間ぐらいで作るという超強行スケジュールの追い込みでした。なのでその2週間の内、1週間以上は徹夜してたと思います。

無事に終わって飲みに行くフィニッシュ以外にも何度かPCの前に突っ伏して果てた事もあります。そういう時は仕事が完了せずに前のめりで倒れた的なフィニッシュです。そんな時ばかりは仲間達も起こさずにいてくれるのです。ある日は目覚めると誰もいなくてビックリしました。なんせ私の記憶の中ではみんなで仕事中だったので。

今はそういうバカみたいな忙しさはありません。作業の多くをスタッフにまかせていますし、そんなに無茶な受注を重ねたりはしないので。先が読めない案件を受け過ぎたという失敗も年々少なくなってきましたし。

ただ、その分心労とか考え疲れとかは格段に増えましたでしょうか。責任や守るべき物も増えました。判断が難しい事も満載なのでどっちが疲れるか?と考えたときにはなかなか悩む物があります。

それにしてもそういう無茶な経験がいろんな感覚となって役に立っているのかもと思う事もあるので、そんなに無駄ではなかったかなぁ?と。。。いや、そう思いたいだけかもしれませんが。

忙しい時に限ってブログとか書いたりしたくなるんですよね。

Webデザイナー

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 3月 8th, 2012

気がつけば、Webの仕事を始めるようになってから、つまりWebデザイナーを名乗るようになってからもう12年以上が過ぎている。(ここ1〜2年はあまり名乗らなくなっているけど)

PCは確か・・・1ページの重さが2〜30KBぐらいで収めるのが主流だったっけ?いかに画像を使わないかとか、ドットでどれだけデザインを展開できるかとかそんな時代。

モバイルに至っては画像の幅が160px。QVGAだっけ。その少し後に240pxのVGA端末が出て、今までの画像が全部小さくなって大騒ぎしたのを覚えてる。(後述:QVGAが240pxでした。160pxは…名前分からない。もしくは無い? 汗)

当時はモバイルなんてデザイナー達には見向きもされず、デザインするフィールドとは認識されていなかった。PCサイトの制作現場でもWebデザイナーよりもグラフィックデザイナーの方が多かった。(おかげで随分と揉めたっけ^^)

そんな中でもウチはかなり早い段階でモバイルに進出したこともあって、それが今まで続けられた大きな理由の一つにもなってる。

今日iPadの新バージョンのスペックをニュースで見た。解像度324ppi(dpi)。iPhone4Sはさらに高い解像度。・・・時代を感じます。

新しいテクノロジーは制作にとっては大変な恐怖なんだけども、ウチは昔からそういうモノとの戦い(?)に慣れてる感じがあるのであまり怖くは無いカモ。

それにしても感慨深い。。。

仕事関連で。

Category : BLOG, 業務関連 · No Comments · by 2月 24th, 2012

本日、業務委託契約を結んでいる上場企業の取締役の方と会談を行いました。

とても実のあるお話が出来たと・・・私は勝手に思っています。

なにより。そのことを弊社のスタッフが喜んでいるらしくてそれが一番嬉しい事です。