fester.jp





ウェブサイト制作のご依頼

Category : BLOG, 業務関連 · by 4月 10th, 2013

ウェブサイト制作のことを依頼主に分かりやすく話す機会はまぁ多いんですが、初対面だとあんまり変なたとえ話も出来ないのでどうしても回りくどい話になってしまいます。

今日は本当に自分がバッチリだと思っているイメージの話を書きます。

依頼者は魚を買うお客さんです。

簡単な個人やお店の紹介サイトは安価で買える近所のスーパーで買うお魚。

いざという時とか、仕事で使うとか、特別な事情のときに必要になる高級魚が制作会社が完全オーダーメイドで作るサイト。

こういう例えです。

高いお魚を買う選択肢は二つ。デパートとか高級魚を扱う所か築地とかの魚河岸です。

同じ魚でも値段が全然違う。それはなぜかというと築地で買うのは難しく、技術もいるからです。その面倒分を上乗せすればデパートで楽に買えます。

サイト制作の依頼でデパートで買うという事は代理店とか、大きな制作会社で「制作」以外のサービスが整っている所です。なので当然高い。一般人の感覚で言うともの凄く高いです。

一方、築地でうまく買う事ができるなら、高い魚を安く買えます。

でもいろんなリスクがある訳です。うまく自分の欲しいものが伝わらなかったり、対応が悪かったり。その分安い訳です。

そして、

デザイン制作会社→魚河岸

代理店→デパート

こういう図式な訳ですね。

デパートも魚河岸から買ってる訳ですから出所は同じ。つまり、魚河岸=制作会社にとっては作るモノは同じクオリティで、大体は「代理店=築地に来る業者」が客で、それが終わったら「一般客=チョク受け」もする、と。

こういう例え話をすると、制作会社に直接依頼することのメリットデメリットがよく分かってくれると思います。

さすがにお客さん相手にこの例え話はぶっちゃけすぎなので使った事無いですが。(もしかしたらあったかな?忘れた。)

SHARE :