fester.jp





Adobe Creative Suite 6

Category : BLOG, 業務関連 · by 12月 12th, 2013

最新のネタではないんでしょうが、CS6からいよいよクラウドのみの販売となりました。

これ以前からバージョンアップのたびに互換性を外されて、仕事で使用するユーザーは常に最新の物を用意しないといけない状態になり、零細制作会社やフリーランスはソフト費用が会社の存続を圧迫しているというバカバカしい事態が起こっています。

これからはソフトを使用する限り毎月5,000円をAdobe社に上納し続けるしか道がない訳です。Webには逃げ道がありますが紙媒体はキツイですね。しかし、その状態がいつまでも続くとは正直思わないです。

ふとamazonを見やれば案の定Adobe社に対して非難轟々。そもそも現場ではただ先方からのファイルを開き、バージョンをダウンするだけ。早晩、バージョンダウン専門のファイル変換サービスみたいなネットサービスができてもおかしく無いと思います。いやもう準備に取りかかっている業者もきっといるでしょうね。(ビジネスチャンスですよ奥さん。)

例えばかつてクォークなんてソフトがありました。マクロメディアという会社はまだ記憶に新しいですね。IBMのホームページビルダーは長年酷い評価でしたが最近Wordpressに活路を見出しています。

そして最近ではあのマイクロソフトでさえも方向転換を余儀なくされて、コンシューマーに懺悔するかのようなプレゼンを展開しています。

いかに強大なAdobe社であっても、この時代の流れにいつまでも逆行できる訳が無いと予想しますので、弊社ではCreative Cloudの導入は(今の所・・・)ありません。

SHARE :